« 2011北欧12日目④ 一方その頃・・・ | トップページ | 2011北欧12日目⑥ スモーガスボード »

2011年8月28日 (日)

2011北欧12日目⑤ ストックホルムでお買い物

旅の疲れによって引き起こされた(ということにしておく)トラブルもようやくおさまって、時計を見ると15:00近い。とりあえずランチがまだだったので、ガイドブックで遅くまでランチができそうな店を探し、因縁のセルゲイ広場へ。

散々騒いだ後だったこともあり、無事迷うことなく広場に到着。てか、ホテルから歩いて10分くらいなんですけど・・・。

Img_3388

そして本物のセルゲイ広場はストックホルムの中心というだけあってものすごく広く、多様な人種の多くの人々でかなりの賑わいを見せていた。こういう雑多な大都会という雰囲気はヘルシンキでは全く感じられなかったので、同じ北欧でも大分印象が異なるのが面白い。

Img_3389

ちなみに、この広場にはやたらと長いベンチが置いてあって、さすがデザイン大国!という感じ。(広場中央のモニュメントはちょっと微妙な気もするけど。)

そんなこんなで我々は広場に面して建っている文化センターへ。どうやらここの最上階のカフェテリアが眺めもよくてお手頃価格で人気らしい。でもって、センターだと思って入ったらいきなりギャラリーで、アーティスティックな感じの受付の人に声をかけられ慌てて外へ出ることに。どうやら違う入口から入ってしまったらしい・・・。

こちらの文化センターは大小様々のギャラリーや映画館などの入った複合施設で、北欧デザインの最先端が感じられる場所なのだ(多分)。エスカレーターを上がっている途中にも何やらスタイリッシュな壁の装飾やら、やたらとカラフルな子ども広場(裸足になってシーソーやらに興じる親子がいっぱい)やらがあってなかなか面白い。

Img_3377

最上階のカフェテリアは噂通りの賑わいで、セルゲイ広場を見渡せる窓際のテーブルは全て埋まっていて取ることができず。残念。てか、そんなことよりランチだ。

メニューは基本的に日替わりのランチセットが中心で、本日のランチメニューの中から頼みたいものをカウンター越しに注文する形式。オッグは肉料理、ANDREはパスタ、クッコはサラダを注文。値段は決して安くはないけど、学食っぽいというか、不味くはないけどさほど美味しくもないといった感じ。

Img_3381

ここで、クッコはいつも通りビールを注文していたのだが、飲んでみるとビールではないことが発覚。りんご味のシードルで、多少のアルコールは入っているものの、どちらかというとジュースに近い。ビール女王としては痛恨のミスだったが、このシードルがANDREが飲んでいるリンゴジュースと同じメーカーのものでラベルもよく似ていることが悔しさを倍増させる。

Img_3383

食後は同じフロアのギャラリーで開催されていた無料の展覧会を軽く冷やかしてみることに。かなりの数の本の装丁を手がけていることでスウェーデン国内ではなかなか知られているイラストレーターの個展らしく、彼が描いたという著名人たちのポートレートも数多く展示されているのだが、スウェーデンの本や有名人が分からないので、ふーんという感じで終わってしまってそこまでの感慨もなく・・・。でもそこそこに賑わっていたので国内では人気のある方だったのでしょう。

さて、こちらのビル、トイレがなかなか面白かった。扉を開けた途端かなり広いことにまず驚かされたのだが、さらに個室がめっちゃ広いのだ。各個室内に専用の洗面所が設置されているトイレとか初めて見たよ・・・。

Img_3396

そんなこんなで文化センターを後にした我々はストックホルムの繁華街を散策。このところ日本でも人気のH&Mが本場なだけあってあちこちに店舗があるのだが、家庭用雑貨を扱うH&Mホームなる店もあって、カラフルなカーテンやクッションがお手頃価格でたくさん売っていてなかなか面白い。

その後、北欧デザインの雑貨店をのぞいてみると、こちらも期待通りにスタイリッシュな商品が並んでおり、実用性は謎だが見ているだけであっという間に時間が経ってしまう。そして、オッグはこちらで丁度探していたというmade in Japanの茶筒を購入。和の伝統品も北欧デザインに負けず劣らず風情があって魅力的。

ここで近くのデパートに入ったのだが、お手洗いへ行ってみると、なんと有料(300円くらい)。しかも結局スウェーデンで両替をしていない我々は小銭の持ち合わせが全くなく、なんと「お金がないから」という理由でなくなく我慢することに・・・。かなり寂しい。

この後、ホテルの部屋で合流することにしてオッグとクッコは先にホテルへと戻り、ANDREはもう少し街を見て回ることに。しかし日曜日のストックホルムはほとんどの店が16時には閉店してしまい、土産を買おうと思っていたのにすでにクローズしているところが多い。

結局ちょっと遅くまでやっているデパートの地下へ行って、書店とCDショップをチェック。CD店では各国でやっている「旅行をしたときにその国で1位、2位だったCDを買う」を実施。2位は女性シンガーソングライターのアルバムで、1位は5週連続1位獲得だったらしい大人気アイドル少年のアルバム。

2位のCDはなかなか良い感じで、帰国後結構ヘビロテ。日本でも売れば良いのになぁ。(公式サイト:http://www.veronicamaggio.se/

このデパートの地下にもデザイン雑貨のコーナーがあったのだが、その一角に非常に見慣れたロゴを発見。

Img_3398

MUJIのシンプルさは確かに北欧っぽい。しかし、やたらと高い。全体に日本で買うよりも3~4倍くらいの価格になっていて、ものすごい高級雑貨な雰囲気。てか、ここの商品って商品名のシールに日本での価格が印刷されちゃってるから値上がりしてるのがバレバレだよね・・・。まぁ、日本で買う海外の商品もやたらと高いから仕方がないか。

そんなこんなで買い物を終えてホテルの部屋に戻ってくると、オッグとクッコが疲労困憊な様子でぐったりとしている。何やら細かなルールを作ってポイント制の枕投げ大会をしていたらしく、ANDREにも細かなルールが告げられ、ものすごい勢いで枕が飛ばされてくる。おいおい。

次回、15時にランチを食べたばかりなのにディナーを食べに再び街へ!

 

 

 

« 2011北欧12日目④ 一方その頃・・・ | トップページ | 2011北欧12日目⑥ スモーガスボード »

北欧旅行記2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1556022/45072473

この記事へのトラックバック一覧です: 2011北欧12日目⑤ ストックホルムでお買い物:

« 2011北欧12日目④ 一方その頃・・・ | トップページ | 2011北欧12日目⑥ スモーガスボード »