« 2011北欧14日目③ 最後の夜 | トップページ | 北欧旅行記 目次 »

2011年8月31日 (水)

2011北欧15日目 さよなら北欧

長かった北欧旅行も本日が最後。なんだかんだで2週間なんてあっという間だ。

昨日、最後の夜はパーティーで盛り上ろうと言っていたものの、帰宅が遅くなり色々と間食をしたこともあって結局夜に買ってきたピザだけで済ませてしまったこともあり、これまで購入したけれど食べきれていない食材をたっぷりと使った結果、やたらと豪華な朝食となった。

Img_4089

てか、朝からチキン1羽って・・・。

朝食後、昼前には空港に向けて出発しなければいけないので午前中は荷物のパッキングで大忙し。てか、荷物が入りきらないYO。ということで、変な臭いが染み付いてしまいボロボロになってしまった折り畳み傘を処分することにしたりして荷物を減らそうと頑張ったのだが、最終的にダンボールに荷物を詰めはじめ、後でオッグに日本へ郵送してもらうことに。てか、ダンボール1個分の荷物が減ったにも関わらずスーツケースがパンパンなんですが・・・。

なんとか荷物を整理し、オッグ家のぬいぐるみたちとの記念撮影会を終えるとあっという間に出発の時間となってしまった。

トゥルクの市街からはヘルシンキの空港に行くバスが出ていて、途中で1回乗換えをして2時間半ほどで到着する。フィンランド国内での移動はこれまですっかりオッグに頼りっぱなしだったので、この「途中で乗換え」という部分が非常に不安である。

バス乗り場にてオッグと涙の別れをし、ANDREとクッコは空港へ。

空港まで直行するのかと思っていたのだが、バスは割と色々なところに立ち寄り、行く先々の街でバスに乗り込む乗客と見送りに来た人々との別れのドラマが繰り広げられていた。フィンランドでのカジュアルな別れの挨拶が「ヘイヘイ」というなんとも柔らかい語感の言葉なのだが、小さな子供が祖母に向かって「ヘイヘイ」と何度も声をかけている姿がやたらと微笑ましい。

Img_4110

さて、乗車から1時間半ほどしたところで空港に向かう乗客たちは別のバスへと乗換えをするのだが、街中とかじゃなくて、高速道路のわきにあるバス停に別のバスが停まっていて、機械的に席を移動し、荷物は乗務員さんたちが勝手に動かしてくれるので、心配したような煩雑さもなかったので一安心。

乗り換えたバスの中から外を見ていると、今まで乗っていたバスの乗務員の女性が高速道路脇の歩道を歩いて去っていく姿が見えたのだが、彼女、数メートル歩いたところで突如立ち止まって座り込んで鞄をゴソゴソし始めたと思ったら、おもむろに巨大なサンドイッチを取り出してその場でムシャムシャと頬張り始めるではないか。お姉さん、よっぽどお腹が空いていたのだね・・・。

空港に到着し、カウンターにてチェックイン手続きをすると、なんと、荷物をダンボール一箱分郵送することにしたにもかかわらずANDREのスーツケースが重量オーバーではないか!しかも1.5キロくらいのオーバーなのに超過料金を取られそうな雰囲気になっている。結局、クッコのスーツケースがかなり軽かったので、2人の荷物の合計してくれてなんとか見逃してもらえたのだが、ANDREのスーツケースには「HEAVY」と書かれたシールがドーンと貼られてしまった。1.5キロしかオーバーしてないのに。でも見逃してくれてキートスです。

Img_4113

さて、セキュリティチェックも無事終えて、結構時間があったので、免税店にてお土産タイム。ヘルシンキの空港にはムーミンショップやらマリメッコの店やらもあって、街中の店と比べると品ぞろえが良いとは言えないけれど、買い忘れたフィンランド土産を買うにはとてもお手軽。てか、最悪、ここだけでお土産買っちゃっても良いじゃないかってくらい他の店の商品もそこそこに充実している。

そんなわけで、空港でもいくつかお土産を購入して、搭乗口へ。この空港、待ち合い用のシートに寝ることを想定しているビーチチェアのようなものがあるのだが、こういうのって他の空港にもありましたっけ?搭乗前の人々がのんびりと横になっている姿がとてものどかで良い。

Img_4120

搭乗開始まで1時間弱あったので、搭乗口近くのカフェでちょっと遅めの昼食をとることに。

Img_4118

ハンバーガーを頼んだら、なんかものすっごい巨大なのがきた。飛行機に乗ると数時間で機内食があるのにこんなにしっかり食べてしまって大丈夫だろうか。でもファーストフードのハンバーガーとは違って非常に美味。

この時間の空港は日本行きの便が複数あるため、どこを見ても日本人がかなり多い。そんな中、空港内のアナウンスで日本人客を呼び出していたのだが、フィンランド人がアナウンスをしていたようで、かなり強い外国語訛りの日本語でアナウンスしていてちょっと微笑ましい。日本での英語アナウンスなんかもこんな感じで聞こえているんだろうね。

そうこうしていると搭乗開始。

行きの飛行機とほとんど同じなんだけれど、機内エンターテイメントのモニターの調子が悪いというところまで同じだったのはちょっと残念。てか、よくよく見てみると、結構な数のモニターが同じ症状を起こしているし。

Img_4124

機内食は行きのヤキソバのような衝撃もなくごく普通にチキンのトマトソースパスタ。生野菜のサラダがあるのがうれしい。

Img_4129

朝食にはベリーのヨーグルトが出て、最後の北欧気分を味わわせてくれる。

そんなこんなで結構疲れがたまっていたこともあって10時間のフライトのほとんどを熟睡して過ごし、翌朝無事に成田に到着。15泊16日の長い長い北欧旅行もこれにて無事終了。

Img_4132

オッグさん、おかげさまで長期にわたる素敵なツアーを思う存分楽しむことができました。生涯忘れえぬ素敵な2週間を本当にどうもありがとうございました!!

 
 
 
 
 

« 2011北欧14日目③ 最後の夜 | トップページ | 北欧旅行記 目次 »

北欧旅行記2011」カテゴリの記事

コメント

感動しました!

でもボスフォラス海峡よね?

>ともさん

どの辺に感動したか分からないけれど、どうもありがとう。
しかし正解はボスポラス(bosporus)海峡なのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1556022/45682589

この記事へのトラックバック一覧です: 2011北欧15日目 さよなら北欧:

« 2011北欧14日目③ 最後の夜 | トップページ | 北欧旅行記 目次 »