« 2011北欧12日目⑥ スモーガスボード | トップページ | 2011北欧13日目② ノーベル賞ツアー »

2011年8月29日 (月)

2011北欧13日目① 衛兵交代

スウェーデン2日目。

まずは朝食バイキング。昨夜もお腹いっぱいに食べたのに、今日も朝からペースを落とすことなくモリモリ食べる元気いっぱいの30代っ子たち。

Img_3473

このホテル、あまり日本人観光客がいないようで、外国人観光客で賑わっていたのだが、ちょっと隣のテーブル目をやると欧米人は朝食バイキングから食べる量が半端ない。最初はすべての料理を少しずつとっていたようなのだが、二皿目以降は自分の好きなものを皿一杯に盛っており大量にベーコンが盛られた皿を嬉しそうに食べている姿にはかつてトマトというあだ名をつけられたクッコもびっくり。てか、ヨーグルト用の器が結構深いボールでかなり大きなぁと思っていたのだけれど、彼らには丁度良いサイズだったらしい

Img_3485

ちなみにこのホテルのカップ、重ねるとカエルっぽくてかわいい。

その後、チェックアウトの準備をしに部屋へ。そして、7時台には起きていて、8時過ぎには朝食を食べ終えたにもかかわらず、部屋を出たのが11時前というマイペースっぷり。

Img_3493

最上階に宿泊したこともあって、テラスから眺めるスウェーデンの景色を楽しんでみたり。

途中、クッコがオッグの靴を隠すといういたずらをするも、オッグはそのことに全く気づかず長い間放置され、出発直前になってようやく靴を探し始めるもすぐに発見。しかし、いたずらをした当の本人は「こういうのは生ものなんだからもっと早く気づいてもらわないと。」と完全に興味なくしている理不尽っぷり。

チェックアウト時、部屋においてあったクマのぬいぐるみをもらって帰ることになったのだが、それまで特に話題にもしていなかったので、ANDREもクッコも当然自分が持ち帰るものと信じており、どちらが引き取るかを話し合った結果、部屋にいたクマをクッコが持ち帰り、ANDREはフロントにて別途購入することとなった。

Img_3504

フロントにてその旨を告げると、フロントの周り置かれた大量のクマたちから好きなものを選んで良いということだったので一体一体かなり真剣に品定めをしていたのだが、あまりに時間がかかっていたため、フロントのお姉さんは見るからに「そんなのどれでも同じでしょ!」といった顔で苦笑い。しかし微妙に顔に個性があるのだよね。やっぱり部屋にいた子が一番可愛かったのだけど、わざわざ奥の方に置かれてるのを取ってもらって最終的なクマちゃんを選択。

ホテルを後にした我々は今晩フィンランドに戻るフェリーのチケットを引き換えるために中央駅内にあるカウンターへ。帰りは行きとは異なるバイキングラインという会社の船を選択。夕方に船着場へと向かうバスが出るそうで、その頃にまたカウンターに戻ってくれば良いらしい。

中央駅にはシルクハットに燕尾服という正装姿の顎鬚のおじさまが立っており、日本ではまず手品師しかしないであろう服装を日常的にしている光景にヨーロッパに来ていることを強く実感する。

Img_3528

手続きを済ませたら後は夕方までゆっくりストックホルム観光。とりあえず間もなく衛兵の交代式が始まるという市内にある王宮前へ。

Img_3527

その途中道端にあった銅像が妙にリアルでちょっと怖い。

Img_3531

ストックホルムの王宮は旧市街のガムラスタンの街中に建っているのだけれど、一般市民が入れるようになってる入り口は端のほうの小さな階段部分。さすが王宮なだけあってセキュリティはちゃんとしているようだ。

衛兵交代は王宮前の広場で行われるのだが、まだ少し時間があったので広場にある王室グッズを扱うお土産屋さんへ。王室御用達の品々や、王室ブロマイド入りの品々が並び、見ているだけでも結構面白い。ちなみにこちらで購入したフレーバーティーはなかなか上品でお土産としてはなかなかのヒットであった。

そんなこんなで王室グッズを物色していると何やら外が騒がしくなってきたので急いでお土産を購入して店の外の広場へ。ちなみにこちらのお店、お土産の商品を一つずつちゃんと包装紙で包んでくれるのだが、同形の色違いの品はリボンの色を変えたり、包み方を変えたりして区別できるにするなど細やかな心遣いが行き届いているあたり、流石は王室といった感じである。

先ほどまで閑散としていた広場を大勢の観光客が取り囲む中、時間通りに衛兵交代がスタート。

Img_3546

我々がいたところが丁度衛兵たちが並ぶ真後ろで、手を伸ばせば届きそうな距離での見学で、自分たちもその中で一緒に並んでるような気分。スウェーデンの衛兵さん、女性率がなり高いのが印象的で、後ろからみると髪をお団子にまとめた衛兵たちが並ぶ光景もなかなか面白い。

Img_3541

衛兵さんたち、キリッとしてるのに、何度かあった小走りする場面での走り方が結構独特で皆が揃ってそれをするので、思わず笑ってしまいそうになってしまったり。

001321

交代式では途中から騎馬隊が現れ、馬の歩調を合わせながら楽器の演奏を開始。見事な技術にほれぼれとしていたが、お馬さんたちが通った後を見てみると・・・。やっぱり生理現象は仕方がないよね。

Img_3557

そんなこんなで盛りだくさんの衛兵交代を楽しんでいたのだけれど、途中でデジカメの電池マークが点滅し始めて、写真と動画をだましだまし撮ることになり、かなり焦りながらの鑑賞となったのであった。

Img_3554

その後、王宮で買ったお土産をスーツケースに入れるため、一度ホテルへ戻ることに。

次回、ノーベル賞の旅へつづく。

« 2011北欧12日目⑥ スモーガスボード | トップページ | 2011北欧13日目② ノーベル賞ツアー »

北欧旅行記2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1556022/45149280

この記事へのトラックバック一覧です: 2011北欧13日目① 衛兵交代:

« 2011北欧12日目⑥ スモーガスボード | トップページ | 2011北欧13日目② ノーベル賞ツアー »